活動ブログ

日々成長するスカウトたちのようすを中心にご紹介するブログです。

活動ブログ一覧

上から読んでも下から読んでも 

5月13日(日)13時から15時まで、カトリック成城教会で今年もボーイスカウトとガールスカウトの一日体験日「スカウトフェスタ」をおこないます。

ボーイスカウトもガールスカウトも、とってもよさそうな活動をしているみたい…となんとなく知っているけれど、本当のところはどうなのかな?どんな人がいて、どんな活動をして、それからどういうふうに子どもたちが成長していくのかな?と思っていらっしゃる方にはもってこいの一日です。

今年のテーマは「新聞紙」
ボーイスカウトもガールスカウトも、手元にあるもので楽しく過ごせるように工夫をするのが得意です。
新聞紙を使って、こんなにおもしろいことができちゃう!
しかもみんなで協力して、わくわくのゲームになっちゃう!
5歳以上のお子さんと一緒に遊ぼうと、ボーイスカウトもガールスカウトもとっても楽しみにしていますよ。

もちろんスカウトフェスタの前にも体験・見学ができますし、その前に保護者の方への説明も対応しています。
気になるな…と思われたら、どうぞお問い合わせを。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

今年もスカウトフェスタに 遊びに来てね!

いつもは4月下旬に開催しているスカウトフェスタ~ボーイスカウト・ガールスカウトの一日体験~ですが、今年の開催はゴールデンウイーク後の5月13日です。
5歳以上のお子さんなら男の子も女の子も、ぜひ遊びに来てくださいね。

「うえからよんでも したからよんでも しんぶんし」が今年のテーマ。
読み終わるとちょっとよれよれになって、最後にはゴミとなってしまう新聞紙ですが、ボーイスカウト・ガールスカウトの手にかかると立派なゲームのツールとしていきいき輝いちゃいます。
キャンプには絶対に欠かせない、スカウトの強い味方でもある新聞紙を使って、一緒に遊びましょう。

地域での社会体験は、自ら求めないとなかなか手に入れられない貴重なもの。
子ども時代に身につけた社会性は、大人になってからとても役に立ちます。
ボーイスカウトもガールスカウトも、一人ひとりがのびのび巣立つ素晴らしい活動です。

スカウトフェスタのご参加申し込み → info@bs-setagaya14.org

 

リーダーたちも、晴れ晴れと出発!

毎年この時期に行なわれる春キャンプは、カブ隊は2泊3日でボーイ隊、ベンチャー隊は3泊4日を予定しています。

今の時代は子どもたちも予定がたくさんあって、この日を確保するのにも調整が必要なのですが、様々な職種・働き方のリーダーたちにとって全日程をキャンプにあてるのはとても大変なこと。体調悪く、また急な用事が入って参加できなくなることだってあるので、当日朝までリーダー間の連絡は続きます。

仕事の都合で途中で帰宅せざるを得ないリーダーもいるので、そのつなぎをどうするかも悩ましい。
スカウトの方も学校や部活、塾の都合での入れ替わりもあり、その引率や出迎えの段取りもすませないと。
隊の備品を運び込むため車はどうしても必要だし、誰もが運転できるわけでもないしで、車と人の貸し借りの調整もしておきたい。

カブ隊にはこの土日でビーバー隊隊長が、ボーイ隊キャンプ最終日の撤営・引率での山下りにはベンチャー隊副長が急きょ駆けつけてバックアップ。車も人も出迎えも全部クリアになって、晴れやかに出発することができました。

「ないからできない」、「難しいから危険だからできない」のではなく、「どうしたらうまく進められるか」を考え行動することや「助けて」といえる仲間を持っていること、自分のできる役割を冷静に判断し実行できることは、ボーイスカウトを通して身につけられる大きな力。
困った時こそ力を蓄えられる、絶好のチャンスです。

2018/03/24 | カテゴリー : 指導者 | 投稿者 : AH

ボーイ隊とベンチャー隊、今年もBOSCOに出発

昨日のカブ隊に続き、今日はボーイ隊とベンチャー隊が丹沢でのキャンプに出発しました。

集合場所の教会入り口までは自家用車で送ってもらっても、そそくさと荷物と一緒に車から降りてつまらなさそうな顔つきでやってくるのがボーイ世代ならではのおもしろいところです。

同じキャンプ場でも、別サイト、別プログラムで過ごすベンチャースカウトになるとそういう意地はとっくになく、大きなアタックを背負って自転車でやってきた、久しぶりに会う仲間と余裕ある表情で笑っています。

今日は蓑毛からキスリングを背負って山登り。
身体のまだ小さいボーイ隊スカウトにはその山道が永遠に続くような絶望感いっぱいで、かなりつらい時間になります。出発前から軽い個装リュックだけならどんなにいいかと小声でぐちをこぼしあっていたけれど、去年のキャンプ中のドカ雪を知っている君たちには、今年の残り雪など大したことではないのと同じで、去年より今年、そしてさらにその先はもっともっと楽になるはず。
そしてつらい体験を乗り越えたことは必ず自信になって、自分を助け励ます力が湧いてくるよ。

春の息吹と自然の力強さを感じながら、元気で4日間を過ごしてきてね!

愛宕山でのダーツの旅

春休みに入ると同時に、14団ではキャンプが始まります。

今日はカブ隊が愛宕山にむけて出発しました。
まだ眠そうにお母さんに手を引かれてやってくるスカウトも、朝から元気で中庭のブランコでまずはひと遊びするスカウトも、みんな先週のうちに準備しておいた大きな荷物を車に積んでもらいます。

通勤時間なので、リーダーたちはバスタまでの電車が一番心配。出発前には隊長から改めて、満員であること、ドアが開いて一度降りたとしてもまた乗り込むこと、まちがっても代々木上原で千代田線に流れていかないようにと話がありました。
引率するリーダーたちはもちろん気をつけますが、万一ご迷惑をかけてしまったらごめんなさい。

昨日スキー合宿から帰ってきたばかりのスカウトも、カブキャップを忘れてしまったスカウトも、寂しい気持ちを堪えてやってきたスカウトも、みんなみんな楽しく過ごしてきてね!
すっかりおなじみのダーツの旅も、知らない場所だからこそきっといつも以上にドキドキするね。
組のみんなと一緒にご飯を食べて、同じ部屋で過ごして、もっともっとなかよくなれるといいね。
たくさんのびっくり!おもしろい!チャレンジしたい!を感じて帰ってきてね。

モグラ先輩に会ってきました!

18日は、多摩動物公園にでかけ、ビーバー隊のみんなの好きな動物めぐりをしてきました。
隊長からの指令の通り、広い園内をたくさん歩きましたよ。

見学に来てくれた2家族も一緒に、チンパンジーがロープからうっかり落ちたシーンや、キリン観察中にみつけた思いがけず長い舌にびっくり!
わしが優雅にはばたく姿や、オランウータンの激しい動きに目を奪われながらも、11時近くなるとエネルギーが切れてきたのでちょっと休憩してアメを一つ。これでまた元気回復です。

ビーバースカウトたちはみんな違う学校や幼稚園に通っていることもあり、ゆっくりお互いを観察していたところがあったのだけど、この日はなんだかとっても楽しくなっちゃってたくさんおしゃべりを始めていて、リーダーたちはみんなとってもうれしそうでした。

アップダウンもあって、午後からはちょっとペースも落ち気味。
それでも、やっぱりモグラ先輩に会いに行かなくっちゃ!
疲れた…を連発していたスカウトたちでしたが、モグラの家に住むモグラ先輩語録を読んだりモグラの穴をたどったり、すっかり先輩の大ファンとなりました。
もちろん、一番喜んでいたのは隊長でした。

 

 

モグラ先輩に会いに行こう!

3月4日のビーバー隊の活動中。

「みんなの好きな動物はなに?」
隊長の質問に、スカウトたちは目をキラッキラさせて「キリン!」「ぼくもキリン!」「オオカミ!」
見学に来ていた年長くんは「ぼくはね、タカが好きだよ!」とのこと。
今度の活動日は、多摩動物公園にハイキング。
みんなの好きな動物めぐりをすることにしていたので、年長くんと一緒に来てくれたお父さん(パンダが好き)とお姉ちゃん(犬が好き)とのみんなで『キリンが好きな〇〇くんのおとなりの、パンダが好きな〇〇です』の自己紹介ゲームを始めました。

ところが、スカウトの間にすわっているリーダーたちときたら口をそろえて
「えっと、もぐらが好きです。」
「実は、もぐらが好きです。」
「はい、ぼくももぐらが好きです。」
えー!!また、もぐら?なんでもぐらばっかり好きなんだ!?
スカウトたちはキツネにつままれたような顔をしているけれど、リーダーたちは大まじめ。

だってね、もぐらの家に住む「モグラ先輩」は手厳しい言葉を使うものの、もぐらの生態について詳しく教えてくれる偉大な存在だから。
動物園に下見に行った時すっかり隊長のツボにはまってしまったモグラ先輩は、あっという間にすべてのリーダーにも伝染してしまったというわけ。

図鑑やテレビで見るよりずっと大きくて迫力満点のお気に入りの動物たちと、そしてもちろんモグラ先輩とに会いに行こう!
お天気になりますように☆☆

たくさんの人の中で

子育てって、本当にままならないですね。
小さいなりにちゃんと自分の意思を持っていて、親の言う通り、願う通りに動いてくれるなんてことはほとんどないから、毎日が段取りや調整の連続。
ここぞ!という時に限って発熱しちゃったり、ちょっとしたことが原因で大泣きし始めたり、気に入ったものから離れられなくなってしまったり。

ボーイスカウトにはいろいろな年代の子どもから大人がいて、一人ひとりにぴったりの役割を持って活動しています。
スカウトたちの身体の中にいっぱい詰まっている「いろんなことを見て、知って、味わっていきたい!」が満足できるようなプログラムはただ楽しいだけではなく、周りにいる友達と「どんなふうに過ごしたらもっと楽しいかな」を考えられるように工夫されている上、大人のリーダーがいつもそばにいて、小さい時は一緒になって遊び、だんだんと「見ているから自分たちで考えて進めてごらん」と一歩離れ、そのうち自分たちでの活動に主軸を置けるよう見守っていくよう考えられているところも素敵なところです。
うっかりすると「あの頃はこんなことで泣いていたよね」とか、「こんなことを話してくれたよ」などと、後になって小さいころのエピソードをからかわれちゃうこともあるのですけどね。

地域に住む子どもと大人が時々集まってのボーイスカウト活動は、時には行き詰ってしまいがちな家庭の中だけの子育てに新しい風を吹き込むきっかけにもなります。
「知らない人」がいつの間にか「おもしろい人」に、それから「また会いたい人」「もっと知りあいたい人」になっていく出会いの場としては、最高のもの。
だって、ボーイスカウトに携わっている人たちは「自分にできることは何かな。自分のことも高めていきたいな。」「誰かのために何かできるかな。もっと楽しい場所にできたらいいな。」を考える習慣が身についている人たちだから。

ボーイスカウト世田谷14団が活動拠点としているカトリック成城教会は、とても交通の便のよいところ。
ぜひ見学、体験してみてくださいね。
このホームページからのお問い合わせをお待ちしています。

2018/03/03 | カテゴリー : コラム | 投稿者 : AH

受験休隊、終わりました!

受験や部活、その他課外活動などに専念したく、しばらくスカウト活動から離れることはよくあること。
なんとなく行きづらくなって、また興味がほかに移って退団してしまうこともありますが、自分らしく元気に過ごしていけるのなら、それはそれでよいのです。
ちょっとでもボーイスカウトを体験してくれたことがうれしい。

ボーイスカウトの活動は、楽しくわいわい遊んでいるだけではなく
「仲間のために自分は何ができるかな」
「どんなふうに過ごしたら、もっと楽しくできるかな」
「この前よりよくできるようになって大満足!」
「おもしろい!もっと知りたいな」
といった様々な要素を味わいながらすごしているので、少しずつではあるけれど自分自身を高める意欲、人々の中でうまく過ごせる力、思いやりの心が育っていくものだからです。

もちろん、一度仲間になった私たちは、この先もずっと、いつも、いつまでも仲間。
ふと思い出したり懐かしくなったら、ふらりと教会をのぞいてくれたらうれしいな。

だけど!
やっぱり戻ってきてくれるのは、心底うれしいニュース。
お帰りなさい!
また一緒に楽しく活動していこうね☆☆

2018/02/27 | カテゴリー : コラム | 投稿者 : AH

仲間がいてこそ

今年は本当に寒い日が多く、春が待ち遠しいですね。
家族でインフルエンザにかかっちゃいました!とか、なかなか風邪が抜けずに困ってます!といった声も聞きながら、実は広報担当もダウンしていて、更新がすっかり遅れてしまいました。
皆さんもどうかご自愛くださいね。
お餅つきもマラソンも、昨日のBP祭にも行けなくて本当に残念だったけれど、14団スカウトたちはいつものように元気に楽しく活動中です。

1月21日は餅つき。
長い間14団餅つきは12月前半に行われていたのですが、神父様をはじめ皆さんと調整して1月に移すことになりました。
退団したものの楽しみにされていた方もいらっしゃったかもしれませんね。
ご案内が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

この日は餅入り豚汁を用意し、8時半からと10時からのミサに参加された信者の皆さんにふるまうことにしました。
「うちのと豚汁はおいしい!」とどの団でも自慢の一品があるのですが、14団のトン汁もまたおいしいのです。
暖かな日差しに恵まれた一日だったとはいえ、やはり冬のさなか。
たくさんの皆さんがロビーなどでゆったりくつろいで味わい楽しんでくださったのは、本当にうれしいことでした。
ガールスカウト東京都第58団のリーダーと2人のレンジャースカウトがお手伝いしてくれたので、とても助かりました。
ボーイスカウトもガールスカウトも、「誰かのために役に立てるように」を考えて行動できる人をめざして活動しているので、よい機会になりました!と、リーダーたちがとても喜んでくださっていました。
身近ななかまと協力し合える環境は素敵です。

ビーバー隊に体験参加してくれた年中さんのママから、こんな心温まるメールをいただきましたよ。
《今日はみかん取りに挑戦!自分で頭の後ろでチーフを結べるようになって、母は大感激でした。家で教えようとしても、「できない!やって~」と最後には泣くパターンでしたが、張り切って楽しみながら何度もトライして、上手になっていく姿に「もう勝たなくても充分です!」と胸がいっぱいになりました。見守って導いてくださる大人が周りにたくさんいて、みんなみんな幸せな子だな~と思いました。(一部抜粋)》

年齢や立場を超えた仲間がいる環境に身を置いて過ごすことはなかなかできない経験です。
人の中にいることが時には面倒だなと思うことはあったにしても、そうしたことこそが心の栄養となるのだなと思います。
月に数回集まっている、つかず離れずの仲間はお互いを磨きあう大切な存在です。